購入資金と家選び

     
住宅★購入の夢へ!!     
               
住宅★購入の夢へ!!では、住宅を購入するまでの参考知識を住宅に関する用語集と共に、掲載しています。マイホームを購入することは、生涯一番の高額な買い物になることとも言えます。住宅を購入する前には、気づかなかったけれど、住んでみて勝手が悪いということが出てくるかもしれません。また、住宅ローンの重荷にマイホーム計画のプランにおいての失敗は、避けたいものです。家のために、生活に負担が出ては、せっかくの夢のマイホーム生活も快適にならないことでしょう。当サイトでは、心の準備として、基本住宅用語や住宅関連の商品知識を理解するために、ご活用いただければと思います。慎重なマイホーム計画、家づくり、納得のいく住宅購入を実現するために、ご協力できれば幸いと思っております。

 TOP > 購入資金と家選び

購入資金と家選び

購入資金と家選び
新築住宅と中古住宅を購入するにあたり、それぞれにメリット、デメリットの差が出てきます。


新築住宅には、販売する際に、パンフレットや図面集などの資料を制作するケースが多く、物件を選ぶにもとても便利です。


間取りや設備などに工夫を凝らしたり、居住性の高さを期待できます。また、融資が受けやすいといったこともあります。


一方で、建物が出来上がる前に販売が行われることがでの、パンフレットとモデルルームだけで完成前に購入を決めなければならない側面不安も募ります。


中古住宅を購入する際には、パンフレットや図面集などの詳しい資料がない代わりに、実際の建物外観や内部をじっくりと見て、購入を検討することができます。


購入価格も、新築住宅に比べ、価格の安さが特徴となっています。


一方、ローンが組みにくかったり、保証を受けにくいといった不具合が出ることもあります。


新築住宅、中古住宅どちらにしても、自分自身または、家族の納得のいくものと、資金計画を考えた上で、慎重に選びましょう。


住宅を購入するにあたり、住宅購入資金には、売買代金のほかに購入諸費用がかかります。また、代金の一部(頭金)を現金で支払うことも多いでしょう。


欲しい家を買うのに十分な住宅購入資金はいくらかをチェックしなければなりません。
新築マンションなど、売主や新築一戸建て・中古など仲介物件によっても違ってくると思いますので、それぞれにあう資金計画をたて、毎月の支払いを出来る住宅ローンを利用するようにしましょう。


ローンの形態は、いろいろありますが、例えば、長期固定型の住宅ローンや不動産会社や仲介会社の提携ローンなどをはじめ、家族人数やライフスタイルによって返済できる金額が違ってくると思います。


また、マンションは物件のほか、毎月、管理費等の支払いが必要となってきます。
毎月返済額と管理費等を無理なく支払えるか考えることも大切となりますので、不動産会社などに相談して、ボーナス時の返済を増やすなど、毎月の返済額を抑えるなど、工夫をするのもいいかもしれません。


住宅購入資金は多いほうに越した方がいいので、例えば、住宅購入資金を100万円増やしてその分借入額を減らせれば、金利3%、35年返済の場合、35年で約60万円も払わずに済むことなります。


新築マンションなどは引き渡しまで1年以上ある物件もありますので、それまで貯蓄を頑張り少しでも借入額を減らすようにするのもいいでしょう。


また、両親からの援助を頼むのも方法もあります。これは、親の年齢が65歳以上の場合、2500万円まで贈与税がかからない相続時精算課税制度が利用できるという方法もあります。
スポンサード リンク
Web サイト内
Contents
 購入資金と家選び
 土地探し
 地耐力を考える
 依頼先選びポイント
 構造の種類
 断熱・結露・通風
 間取り・収納の計画
 図面と完成後の確認
 まとめとして
 
住宅用語集
 】【】【】【
 】【
 】【】【
 】【】【
 【】【】【】【】【
 】【】【
 【】【】【】【】【
 】【】【】 
 】【】【】【】【
 
 
◆ 当サイトの掲載されている情報は、独自の調査のもと正確さには万全を期していますが、
ご利用する際には、再度、ご本人様でお確かめいただきご利用ください。
Copyright(c)  住宅★購入の夢へ!!  All Rights Reserved
購入資金と家選び