地耐力

     
住宅★購入の夢へ!!     
               
住宅★購入の夢へ!!では、住宅を購入するまでの参考知識を住宅に関する用語集と共に、掲載しています。マイホームを購入することは、生涯一番の高額な買い物になることとも言えます。住宅を購入する前には、気づかなかったけれど、住んでみて勝手が悪いということが出てくるかもしれません。また、住宅ローンの重荷にマイホーム計画のプランにおいての失敗は、避けたいものです。家のために、生活に負担が出ては、せっかくの夢のマイホーム生活も快適にならないことでしょう。当サイトでは、心の準備として、基本住宅用語や住宅関連の商品知識を理解するために、ご活用いただければと思います。慎重なマイホーム計画、家づくり、納得のいく住宅購入を実現するために、ご協力できれば幸いと思っております。

 TOP > 地耐力

地耐力

地耐力を考える
耐震力に関しては、地盤が建物の荷重(重さ)に対して耐えうる強さを持っていなければ、建物は傾いたり沈んだりしてしまいます。


この耐えうる地盤の強さが“地耐力”。建物の耐震性・耐久性の決め手となり、一番下で支える地盤と基礎が肝心となります。


軟弱な地盤に家を建てることによって、家の基礎全体が沈んだり、部分的に地盤が硬いところと軟らかいところでの土地に家を建て、軟らかいところだけが沈んでしまうなどの心配もあります。


家を建てる敷地での地盤調査が必要となります。


地盤調査では、スウェーデン式サウンディング法とボーリング試験などでの調査を行ないます。
スウェーデン式サウンディング法は、比較的、低コストで調査できますが、ボーリング試験ほどの確かなデーターは、期待できません。


どちらも、費用がかさむ場合は、少なくとも自分でできる簡単な地盤調査として、敷地をスコップなどで1mほど掘って地盤を確かめてみると良いでしょう。


砂利(小石)、砂、粘土質なら硬い地盤といえるでしょう。
スコップでの作業が比較的簡単な土は、腐葉土と考えられ軟らかい地盤といえます。


作業時に、地下水が染み出したり、雨の日に歩くと靴がめり込み足跡がくっきり残ったり、水はけが悪い土地も軟らかい地盤の特徴です。
スポンサード リンク
Web サイト内
Contents
 購入資金と家選び
 土地探し
 地耐力を考える
 依頼先選びポイント
 構造の種類
 断熱・結露・通風
 間取り・収納の計画
 図面と完成後の確認
 まとめとして
 
住宅用語集
 】【】【】【
 】【
 】【】【
 】【】【
 【】【】【】【】【
 】【】【
 【】【】【】【】【
 】【】【】 
 】【】【】【】【
 
 
◆ 当サイトの掲載されている情報は、独自の調査のもと正確さには万全を期していますが、
ご利用する際には、再度、ご本人様でお確かめいただきご利用ください。
Copyright(c)  住宅★購入の夢へ!!  All Rights Reserved
地耐力