断熱・結露・通風

     
住宅★購入の夢へ!!     
               
住宅★購入の夢へ!!では、住宅を購入するまでの参考知識を住宅に関する用語集と共に、掲載しています。マイホームを購入することは、生涯一番の高額な買い物になることとも言えます。住宅を購入する前には、気づかなかったけれど、住んでみて勝手が悪いということが出てくるかもしれません。また、住宅ローンの重荷にマイホーム計画のプランにおいての失敗は、避けたいものです。家のために、生活に負担が出ては、せっかくの夢のマイホーム生活も快適にならないことでしょう。当サイトでは、心の準備として、基本住宅用語や住宅関連の商品知識を理解するために、ご活用いただければと思います。慎重なマイホーム計画、家づくり、納得のいく住宅購入を実現するために、ご協力できれば幸いと思っております。

 TOP > 断熱・結露・通風

断熱・結露・通風

断熱・結露・通風
快適な住まいに欠かせないのが、断熱と結露対策です。
断熱材は壁の中に入っているので、目に見えませんので、建てる前にしっかりと検討しなければなりません。


日本の昔の住まいのは、建物の隅々まで風が通り湿気がこもらない特徴を持っていました。夏の気候を考慮した構造となり、構造材や材料が乾燥した状態に保たもち家が長く持つよう作られています。その反面、冬はすき間風なども多く暖かい環境とはいえませんでした。


現在の日本の住まいでは、比較的、冬を暖かく過ごせるように断熱・気密性を考えた家づくり傾向があり、夏よりも、冬を快適に過ごそうという考え方へ変わってきたのです。


風通しが悪くなると、夏の蒸し暑い時期はジメジメして湿気がこもりますので、建物の外と内の温度差が大きくなり「結露」が起きやすくなるのです。


結露により、使用している材料などが、傷むとともに、シロアリや、アレルギーの原因となるダニやカビなどの発生の原因ともなります。断熱・気密性を考えるとともに、結露対策も考えなければなりません。


結露対策を施し、バランスが取れた家は、各部屋の間での温度差が小さくなり、結露はかなり生じにくくなるのです。そのため、家を長持ちすることにつながります。


家を建てるときには、耐震対策、構造ばかりでなく「断熱」と「気密」、そして「換気」のバランスが取れていることが重要です。


通風計画がうまく機能できずダニやカビ、臭気、ホコリなどが排出できないくなることも起こりえます。


自然の光や風を上手に住まい取り込むことで、近代的な設備を備えたり高額なコストを膨らませないよう快適な住宅環境を考慮した方がよいでしょう。


通風に関しては、昔の家の作りが参考になるのでは、ないでしょうか。もちろん、現代の家の方が住み心地は良いともいえますが、少々人工的な感じがします。


利便さゆえに、自然の知恵を忘れてしまうのは、生活するうえで四季の楽しみも減ってしまいます。もう一度、民家の良さを見直して、いろいろ調べてみて、それを家づくりに生かしてください。


昔の民家には土間があり、「土間」は半屋外空間として利用していました。また深い軒や柱と建具の構造は、季節に合わせて外からの光や風を取り入れていました。


京都などの古い民家では、中庭や外庭に、打ち水をし空気の流れを作り、夏の暑さをしのぐような住宅の構造となっています。


空気は温度が上がると上昇する性質をもっており、吹き抜けや階段の高いところに換気用の窓を設けると、夏の熱気を逃がすことができます。


窓があれば通風に優れた家というわけではなく、風の流れを考慮しながら入り口と出口に窓を設けることが自然の風を上手に取り入れる大切なポイントです。


また、多くの光を取り入れることで、温かく過ごせるような工夫も考えれば、国際問題化されている地球環境の温暖化対策となるとともに、冷暖房費も節約ともなるでしょう。


夏は涼しく冬は暖かいく、家が長持ちする、人や自然にも優しい家で暮らせるといいですね!
スポンサード リンク
Web サイト内
Contents
 購入資金と家選び
 土地探し
 地耐力を考える
 依頼先選びポイント
 構造の種類
 断熱・結露・通風
 間取り・収納の計画
 図面と完成後の確認
 まとめとして
 
住宅用語集
 】【】【】【
 】【
 】【】【
 】【】【
 【】【】【】【】【
 】【】【
 【】【】【】【】【
 】【】【】 
 】【】【】【】【
 
 
◆ 当サイトの掲載されている情報は、独自の調査のもと正確さには万全を期していますが、
ご利用する際には、再度、ご本人様でお確かめいただきご利用ください。
Copyright(c)  住宅★購入の夢へ!!  All Rights Reserved
断熱・結露・通風