設計図面と完成後の確認

     
住宅★購入の夢へ!!     
               
住宅★購入の夢へ!!では、住宅を購入するまでの参考知識を住宅に関する用語集と共に、掲載しています。マイホームを購入することは、生涯一番の高額な買い物になることとも言えます。住宅を購入する前には、気づかなかったけれど、住んでみて勝手が悪いということが出てくるかもしれません。また、住宅ローンの重荷にマイホーム計画のプランにおいての失敗は、避けたいものです。家のために、生活に負担が出ては、せっかくの夢のマイホーム生活も快適にならないことでしょう。当サイトでは、心の準備として、基本住宅用語や住宅関連の商品知識を理解するために、ご活用いただければと思います。慎重なマイホーム計画、家づくり、納得のいく住宅購入を実現するために、ご協力できれば幸いと思っております。

 TOP > 設計図面と完成後の確認

設計図面と完成後の確認

設計図面と完成後の確認
設計図面には、見てもわからないからとといってあまり見ない方が多いのではないでしょうか。
ここでは、かんたんなチェック項目をあげてみました。

工事に関しては、一通りめを通して打合せ内容と確認したほうが良いでしょう。別途工事などでトラブルが出てきてからでは、手遅れになってしまう恐れもあります。


各部屋の仕上げ材、付属設備を確認ほうが良いでしょう。また、方位や敷地の形状や高低差などをみたり、隣地(近隣住宅)との関係も合わせてみておくことをお勧めします。


間取り図をもとに、打合せの内容が反映されているか、部屋の広さや収納の大きさ、実際に生活をした場合を想定した動きやすさなどをチェックすると、わかり易いかもしれません。


外観は、屋根の形状など、雨戸や格子の有無を確認するなど、屋内では、階段の踏み面寸法などもやフローリングの方向や持ち込み家具や家電製品などの寸法を確認した方が良いでしょう。完成後、持ち込んでも入らなくなっては、大変なこととなります。



基礎の種類や形状、筋かいの位置などは、以外に見向きもしませんが、リホームする際に、重要となりますので、慎重に考えた方がよいと思います。


天井、カウンター、開口部などの高さをなど、コンセントやスイッチの数の位置も生活する上で、不便さがでないように、しっかり確認することをお勧めします。



完成後の確認は、不可欠です。信頼のおける依頼先では、変更容易にしてくれても中には、受け付けてもらえないこともあります。


新築マンションでは、確認書に捺印をすると、契約通りの内容ようを認めたことになり、後々後悔します。間取りや設備のこだわりなど、納得のいくようにチェックすることをお勧めします。


要点をまとめてみました。



・室内の壁紙、建具、フローリングなどの色。
・窓の幅や高さ
・キッチン、バス、トイレの設備や収納。
・押入れやクロゼットの中の寸法
・オプションは頼んだ通りのものが取り付けられているか。
・コンセントや通信用のアウトレット、照明用のシーリング、インターホンの位置。
・ベッドや机、たんすなど、大型の家具を配置したいスペースの横幅など。


完成後だけではなく、工事着工中も足を運び、依頼先と親密なコンタクトを取るり、事前に問題が出ないように対策するととが重要ともいえます。


スポンサード リンク
Web サイト内
Contents
 購入資金と家選び
 土地探し
 地耐力を考える
 依頼先選びポイント
 構造の種類
 断熱・結露・通風
 間取り・収納の計画
 図面と完成後の確認
 まとめとして
 
住宅用語集
 】【】【】【
 】【
 】【】【
 】【】【
 【】【】【】【】【
 】【】【
 【】【】【】【】【
 】【】【】 
 】【】【】【】【
 
 
◆ 当サイトの掲載されている情報は、独自の調査のもと正確さには万全を期していますが、
ご利用する際には、再度、ご本人様でお確かめいただきご利用ください。
Copyright(c)  住宅★購入の夢へ!!  All Rights Reserved
設計図面と完成後の確認